イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめているので「図書館」です。

今日から変えれる食事、いいことしかないかも!?

こんにちは!

イマムです。

 

最近、気温の変化や天候が変わりやすいですね...

このような緩急がある季節は人はやる気やクリエイティブの値が低くなる傾向があると聞いたことがあります。

だから、こそ何か工夫することをお勧めしますw

さて、余談はここまでにして置き、本題に入っていきましょう。

昨日は

「カリフォルニア大学式6週間人生改造プログラム」

において時間と中身、組み合わせについて紹介しました。

 

見てない方は以下の記事をクリック!

www.imamu-libraryindex.work

本日ですが、柱の一つである食事について述べていきたいと思います。

f:id:Imamu_library:20190626214012p:plain

[食の光と闇]

みなさん、どんな食べ物が好きですか?

お寿司、ステーキ、パスタ、焼き鳥、唐揚げ...等、美味しいですよね!今の日本では美味しいものがゴロゴロと存在しています。

また、いつでもどこでも直ぐに手に入れることもできます。

その一方、大量廃棄の社会問題が挙げられています。(この話はまた時間があるときに記事にしようと考えています。)

言い換えれば、生活が豊かになった、お陰で食の多様化が起こった。同時に、問題も発生してきたというものです。

考え深いですね...

話を戻しまして「カリフォルニア大学式6週間人生改造プログラム」においての食事はと言いますと

  1. 加工食品はNG→極力自然のまま食す
  2. お酒は一日グラス一杯まで
  3. 炭水化物は運動後

これを守っていれば大丈夫です。

 

[それ大丈夫!?身体を蝕んでいる食べ物]

加工食品はNGということですが、具体的に何があるの?と言うのであげさせていただきます。

  • ポテトチップス
  • ソーセージ
  • レトルト食品
  • ジャンクフード

等...例を出したらきりがありません(笑)

とは言っても加工食品もレベルがあるらしいので、そちらを参照してもらい自分に合ったもので実践していってもいいのではと個人的には思います。

(ちなみに私はノーマルモードです)

参照元です。

yuchrszk.blogspot.com

 

 では、「加工食品の代わりのもの」はというと「加工されていない食品」です。

簡単に言えば、自然のままの食材です。

自然のままの食材?と言われると思いつかないですよね。

例えば

  • 生の野菜
  • 軽く調理した野菜や肉、野菜
  •  果実系(ブルーベリーやみかん等)

私は上記のものだと理解しています。

本当に自然の状態に極力近づけた食品だと感じだと理解しています。

(注:肉や魚、野菜で火を通す必要があるものは必ず火を通してから食べてください。それで体に害や危険、命を脅かしては元も子もないので。

 

[禁酒するの?いや、しなくていいよ]

これが嬉しい人が多いのではないでしょうか(笑)

私もお酒が好きなので有難いです。

でも、重要なのは一日一杯までです!

それ以上飲んだらダメです。

個人的には、一杯飲んだら気が緩みそうなのでやめてもいいかなと思ってます。

 

[食べてもいいよ、炭水化物]

炭水化物を食べてもいい!という嬉しさ。

この手の方法は炭水化物は食べないように徹底するというイメージがありますが、食べていいんです!条件付きではありますけど(笑)

炭水化物を食べるなら運動後、これを忘れないでください。

また、過度の炭水化物を摂取しては意味がないので適量で抑えてください。

[生活に欠かせない食事、だからこそ大切に]

 今回の食事編の内容はどうだったでしょうか。

再度まとめると

  • 加工食品はNG

   →自然のものを食す

   (生の野菜や果物、ステーキや鳥の蒸し焼き等)

  • お酒は一日グラス一杯まで

   →飲み過ぎはNG

  • 炭水化物は運動後

   →過度の摂取もNG

食事一つ上げるだけで努力しなくてはならない部分が多くあります。

私は加工食品NGが結構キツイです...

でも、これだけ実行すれば

町内環境や体質改善等の効果もある

と感じているので頑張っていきたいです。 

普通に考えていえば、健康な食事なので

ダイエットや生活習慣病の改善に役立つのではと思います。

プログラム実行四日目、まだまだ序盤ですけどめげずにやっていきました。

 

それでは今回はここまで。

次回の更新をお楽しみに!

 

以上、イマムでした。

 

この記事においての引用元です。

www.nicovideo.jp