イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめいるので「図書館」です。

命に変わりはない。なら私たちはどう行動する。新潟地震をうけて

みなさん、こんにちは!

イマムです。

 

みなさん、昨日に起きた大規模な自然災害はもう情報を察知していると思います。

地震は日本に多く被害をもたらしてきました。阪神淡路大震災東日本大震災大阪北部地震、そして今回の新潟地震と...数々の大きな地震に遭遇してきました。

私たちはそのようないつ起きるかわからない地震に、どのように対処していけば良いのか問題になっています。

 

なので、今回は防災と南海トラフ地震について書いて行きたいと思います。

f:id:Imamu_library:20190619140450p:plain

 

[南海トラフ地震までのカウントダウン]

まずは地震のこと、「南海トラフ地震」について書いていきます。

 

多くメディアや専門家たちが、「南海トラフ地震」が刻一刻と近づいていることを警告鳴らしているのが現状です。

文科省地震調査委員会の発表によれば、

今後30年間で最大M9クラスの地震が発生する確率は80%という発表があったことはみなさん知ってますか。

80%はほぼ来るというの認識で大丈夫かと思います。

この南海トラフ地震では、茨城県から沖縄県まで、全長2000km以上の範囲が被害でると言われてます。

[南海トラフ地震の周期に関して]

南海トラフ地震は、およそ90~150年の周期で起こっています。

過去に発生した南海トラフ地震は、

となっており、そのすべてがM8を超える巨大地震となっています。

前回が1946年だったことを鑑みると、平均的な周期から考えて、次回は2070年前後で起こると考えることができます。

しかし、政府は30年以内に起こると言っているので、周期が速くなってることを研究等通して予想しているのが現状。

 

[津波の高さはビル9階までに及ぶ!?]

一番危惧されている問題としては津波による被害です。

東日本大震災では津波による被害は誰もが知っている事実です。そこで私たちは津波の恐ろしさを改めて知ることになりました。

東日本大震災では津波の高さは最大で16m強でした。

しかし、南海トラフ地震での津波最大の高さは30mです。

普通に約二倍となっています....

これは、一般的なビルの8~9階分の高さと同じぐらいです。

津波による沿岸部に位置する都市はほぼ全域が浸水し、膨大な被害がもたらされる。

 

南海トラフ地震」の被害で言いますとこれは、

「過去最悪」と言われた1923年に発生した関東大震災における死者数10万5000人の3倍以上となってしまう。

 

南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループの試算によれば、

その想定死者数は32万人!

昔とは違い、技術力の発展により建物の耐震性が向上した状態で、この被害の大きさとは。

日本が崩壊してしまうのではと思ってしまう...

 

[いつ来るかわからない、だから今できることを]

いつ起こるかわからない地震、だからこそ何も起きていないときの備えが大切になってくる。そのための最低限度の防災について述べていきます。地域や自分にあったものは随時足していってください。あくまでも最低限度の備えです。

 

ハザードマップ

第一に自分の住んでいる地域のハザードマップを頭に入れておくことが重要です。

より安全な建物の場所を確認し、最短の移動経路を確認する。素早く対処することができれば、助かる可能性は上がります。

 

・家具などの固定

また、津波の危険がなくても大きく揺れる地域は多くあります。このような地域では、屋内の家具などが大きく動き、ケガをする危険性があります。

なので今のうちに、家具の足元等をしっかりと固定しておく必要がリスクを最小限に抑えられます。

家具転倒防止L字金具 JTK-L2[転倒防止金具 転倒防止 転倒防止グッズ 耐震グッズ 防災用品 地震 災害対策 落下防止 戸棚 食器棚 通販 アイリスオーヤマ] 楽天

価格:610円
(2019/6/19 15:46時点)
感想(0件)

 

・防災バック

これは必ず必要です。地震が発生したときに防災袋を持って逃げられるの?と疑問を持つ人も多いと思います。

防災バックは家族で中身を確認することには大きな意味があります。それは地震を身近に感じ、準備をしているのだから

パニックや災害から身を守るという心構えができるからです。意識があるかどうかで変わってくると思えるので。

 

また、防災袋は1つとは限らず2、3つあってもよいと思います。

防災グッズは100円ショップで多くのものが揃います。日頃から使えるものは新しいものに循環させることを習慣にすれば、防災の意識も高まっていきます。

 

また、非常食や飲料水を、すぐに持ち出すことができる場所に保管しておくのは大切。

【ショップオブザイヤー2018】防災セットSHELTER☆1人用 防災士監修の防災グッズ 災害対策 防災用品 国内生産7年保存食 7年保存水 防災ラジオライト エアーマット 凝固剤不要トイレ 救急セット 避難グッズ 避難用品 法人 自治体 忘れない3.11東北

価格:11,880円
(2019/6/19 15:43時点)
感想(1439件)

・災害時用の家族ルールを作ろう

基本ルールは非常事態になったときの家族の集合場所です。避難場所は、学校の校庭のサッカーゴールの近く、など細かく決めると。避難場確実です。避難所まで家族で歩いてみるのも防災意識が高まり、より命が助かる可能性が上がります。

 

[今回の新潟地震をうけて改めて思うこと]

新潟地震のニュースを見たのは、 地震が起きてから一時間経ってからです。

その時、私は情報を遮断して読書に没頭していました。初めてニュースを見たときは驚きが隠せなかったです。また、これが南海トラフ地震だったどうしようかとも考えました。

私の地元は海に面しており、南海トラフ地震の影響を最大限に受ける地域です。

だからこそ情報が遅れることで両親や友人の安否確認が遅れてしまい後悔をしてしまう可能性があり、迅速な行動に移せなくなってしまいます。

 

今回の新潟地震によって、改めて防災について考えさせられる出来事であり、情報が大切だと気づかされました。

 

今回の地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。 また余震などの心配もありますのでくれぐれもお気をつけください。

 

今回の記事はここまで!

次回の更新をお楽しみ。

 

以上、イマムでした。

 

引用元です。

gendai.ismedia.jp