イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめているので「図書館」です。

母にはカーネーション、父にはバラを

今週のお題「おとうさん」

 

みなさん、こんばんは!

イマムです!

 

今回は今週のお題にある「おとうさん」について書いていきたいと思います。

ã·ã«ã¨ãã, ç¶ã¨æ¯å­, æ¥æ²¡, ãã£ãã, ã¢ããã¤ã¹, ãç¶ãã, ä¸ç·ã«, ãã¡ããªã¼ã®ã·ã«ã¨ãã

 

[父の日の由来]

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドが、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、

教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけ

と言われてます。

彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父親が召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が原因で父親の復員後まもなく亡くなってしまいました。

以来男手1つで育てられたが、子供達が皆成人した後、人生の幕を下ろしました。

 

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた。

当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

 

1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになりました。

 

1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めました。そして、1972年にアメリカでは正式に国の記念日に制定されました。

 

 

[母にはカーネーション、父には...]

みなさん、母の日に送る花がカーネーションに対して、父の日に送る花はご存知でしょうか。

答え白バラです。

それは何故なのかと言いますと、ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからです。そこから父の日には白バラを送るということが風習になったのです。

 

[感謝感激の父親]

 私の父は仕事が忙しく、朝早く行き、夜は遅く帰ってくることが多かったです。

また、休日でも仕事が入ることがあり、休みが無かったこともありました。

しかし、それでも家族サービスは欠かさなかったです。休日を取れた時には多くの場所や旅行に連れていってくれました。

それがどれだけ大変か当時の自分はわからなかったです。「働く」ということの大変さがわからなかったのです。

今になって家族を守りながら、私や兄を大人まで育てたことはすごいことだと少しは理解することができます。

感謝してもしきれないと思います。

だからこそ、これから先に少しずつ恩返ししていきたいと思ってます。

そんな父ですが、今年の三月に退職しました。しかしながら、まだまだ元気なため第二の人生としてもう一度自ら会社を興して個人事業主としてバリバリ働いています(笑)

毎日が充実していると連絡がきてとても嬉しい気持ちになります。

 

世の中には必死に働いている父親の方が多く存在しています。

だからこそ、感謝を伝えることを忘れては駄目だと思います。

日頃、感謝を伝えることが恥ずかしがっているなら、この機会に白バラと一緒に感謝を伝えてみてはどうでしょうか?

それで世の名のおとうさんは元気になると思うので(笑)

一番駄目なのは、仕事に行く姿を当たり前だと思うことだと思ってます。今の生活を支えているのは紛れもなく働いているくれている父がからです。

まとめますと、家族にとっておとうさんはHERO!です(笑)

この記事を読んでいただき、一人でも多くの方の心が動けば幸いです。

 

今回は短いですがここまで。

次回の更新をお楽しみに!

以上イマムでした。