イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめているので「図書館」です。

誰でも基本を抑えたら実行できる!~効率的勉強方法の進め#3~

みなさん、こんにちは!

イマムです。

 

今回、効率的勉強法の第三弾です!

前回の内容を見ていない人は以下のリンクからチェックしてください!

www.imamu-libraryindex.work

 

今回の内容としては基本的な学習方法を述べていきたいと思います。

それではいってみようー!

f:id:Imamu_library:20190702152423p:plain

 

[学習方法の共通方法!アクティブラーニング!]

一回目の記事で効率的な勉強法に共通するポイントは

「アクティブラーニング」だということ述べました。

再度、アクティブラーニングについて書いておきます。

積極的(アクティブ)に学習(ラーニング)に取り組むというものです。

授業を聞きながらノートを取るような受け身の姿勢ではなく、自ら進んで頭をを使いながら学習することです。

様々な研究のデータからでも、効果が高い勉強法はアクティブラーニングの要素を含むというが出ています。

 

では、アクティブラーニングでのポイントはというと以下の二点です。

  1. 理解:自分の言葉でまとめる(再言語化する)
  2. 想起:適切に思い出す(利用する)

アクティブラーニングでは学んだことや概念を自分の言葉でまとめて理解します。そして想起練習で知識を思い出すことが大事になってきます。

 

[さぁ、効率的勉強を始めよう!(理解編)]

ここからは一つ目の理解に関して書いていきます。

理解において覚えておいてほしいことは「再言語化(自分の言葉で置き換える)」することです。
また、学習した内容が「理解できたかどうか」判定と感じることがあると思います。そのようなときは「再言語化(自分の言葉で置き換える)」できていれば大丈夫!

 

また、「再言語化」のための効果的な学習テクニックは3つあります。

  1. 自己解説

  2. ティーチング・テクニック
  3. イメージング

これらが大切なのでしっかりとついて来てください!

  • 自己解説

学んだ内容について「自問自答」を繰り返しながら理解を深め、理解した「つもり」(流動性の罠)を避けることができます。例:メタ認知リーディング

勉強した内容を他人に説明する方法です。例:教えるつもり勉強法、ラバーダック勉強法、10歳時教授法、グループ・ゲーミング

  • イメージング

頭で何かしらの場面を思い描く方法です。例:イメージディスカッション、ソロモン・イメージング、パーソナライズ音読

 

[さぁ、効率的勉強を始めよう!(想起編)]

ここからは二つめのポイントでは「想起」について書いていきます。
「再言語化」で理解した内容を実際に使えないと意味がないです。上手に使用するためには、思い出して活用することが重要です。

効率的な記憶の定着方法を会得し、利用できる知識に変換していきましょう!

 

「想起」のための効果的な学習テクニックは3つあります。

  1. クイズ化(検索練習)
  2. 分散学習
  3. チャンク化

これらもまた大切になってきます。

  • クイズ化

クイズ形式で復習方法です。クイズ化することによって、単なるテキストの再読に比べると50~70%も記憶の定着率が上がります。

  • 分散学習

復習の間隔を少しずつ伸ばす方法です。人間の記憶が減ったタイミングで復習することで、知識を長期記憶に定着させることができます。例:インターバル復習、インターリービング学習

  • チャンク化

ばらばらの情報を何らかの法則に基づいてグループ化して覚える方法です。

イメージとしては携帯電話番号のハイフンによる区切りなどが挙げることできます。チャンク化することによって格段と覚えやすくなります。日常生活でも使われているチャンクのパターンは無限に存在してます。大量の反復練習で会得することができます。

実際に多くの研究で効果が示されている方法である。「クイズ化」と「分散学習」はやって損はないです!

 

 

また、「チャンク化」に関しては、長期記憶への定着だけでなく「創造性」や「直感」にも影響があります。

  • クリエイティブになりたい
  • 仕事のアイディアを出せるようになりたい

という人はオススメです。

 

[まとめ]

今回のまとめです。

  1. 【理解】自分の言葉でまとめる(再言語化する)
  2. 【利用】適切に思い出す(想起する)

第三回目の内容はどうだったでしょうか?

 

基本的な方法を書くことができました。一応、上記のことを頭を入れて、実際に移していけば大丈夫だと思います。

基本はどのようなものでも大切になってきます!なので基本を疎かしないでくださいね(笑)

次がいよいよ最終回です。

最後まで見逃さないように(笑)

 

今回の記事はここまで。

次回の更新をお楽しみに!

 

以上、イマムでした。

 参考元です

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法