イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめているので「図書館」です。

「目標達成の方法」のバイブル!「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」は読むべき

みなさん、こんにちは!

イマムです。

 

今回ですが、

「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」

著者ハイディ・グラント・ハルバーソンを読んだので感想とレビューです。

f:id:Imamu_library:20190708170725p:plain

この書籍はメンタリストDaiGOさんの推薦しているの中の一つです。

本書のページ数はそこまで多く、誰でもサクッと読める思います。一番下にURLを貼っておくので気になった人は購入してみてください。

それではいってみよう!

「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」ってどんな本?

この書籍は何十年にもわたる心理学の研究結果から導かれた科学的に正しい「目標達成の方法」について書かれたものです。

また、本書は目標達成をできた人に共通する思考や行動を「9つの習慣」にまとめて紹介しています。

「9つの習慣」は一つひとつは驚くほど当たり前に感じると思います。

また、実行までそれほど難しくはないです。

 

しかし、ここで考えてほしいことがあります!

「あたりまえで、簡単に実行できる」と「誰もが当たり前に実行している」はイコールではないと言うことです。

このことがが本書を読んで気づかされたこと、著者が言いたかったことだと思えます。

なぜ、自分は目標達成ができて、多くの人が目標達成ができないのかを説明してくれてます。

また、どうすれば目標達成ができるのかの方法を具体的な例を交えながら、頭にスムーズに入ります!

 

一人でも多くの方に読んで欲しい名作です!

本のページ数も100ページちょっとなので時間の空いたときにサクッと読むことができます。(私は一時間ちょっとで読むことができました)

勉強やビジネス、スポーツ等幅広い分野でする駆使することができる内容となっているので万人受けする内容だと思います。

こんな人に読んで欲しい!オススメな人は?

私の個人的な感想としては、なんでこんなにも知られてないのだろうか?というのが僕率直な感想です。

実用性が高くて、行動に移しやすい!

中身の方法は科学的な証拠があるため信憑性が高いです。

また、読みやすい内容です。

各章の最後にまとめがあるので本当に時間がない人はそこを読めば大丈夫!となっている。
以下のどれか一つでも当てはまる人はオススメです。

  • 手っ取り早く技術を取得したい人
  • 何かをやり切りたい人
  • 目標設定が苦手な人
  • 目標の途中で挫折する人
  • 目標を達成したい人

次は本書の内容はどんな感じか概要を紹介します。

 

成功のカギは、9つの習慣!

 ざっくりと言えば9つの習慣を忘れずに実行していきましょうという内容です。

では、その「9つの習慣」とは、いったいどのようなものなのか? いくつかをピックアップしてさわりだけ紹介しましょう!

目標に具体性を与える

目標は具体的にすべきだと著者はいいます。

例えば「痩せたい!」と思うのであれば、目標は「痩せる」ではなく「5キロ痩せる」とするべきだということです。

つまり、具体的な目標だからこそ、目標到達するまでやり抜くことができるということです。

また、具体的な目標を決めたら、「そのために必要な行動はなにか」ということを考え、「いつまでに、なにをするか」を決めます。

 

目標が具体的でないから、自分を甘やかしたり、妥協してしまいます。

そしてもうひとつ大切なのが、「私にとって成功とはなにか」と「成功への障害はなにか」の2つを繰り返し心の中で考えること。

それは心理学では「メンタル・コントラスト」と呼ぶそうで、目標をつかむ強い心構えを持つために有効とのことです。。

具体的な方法や得られるものは本書をお読みください!

目標までの距離を意識する

どんな目標であっても、達成するために欠かせないのは「どれだけ進歩したかをモニタリングする」ことです。

ただがむしゃらに努力するのではなく、日々どれだけ進歩したのかを確認する必要があるわけです。

「どれだけ自分がうまくやれているのか」が分からなければ、行動を見直すこともできず、フィードバックがなければ、やる気を持続させることも困難だからです。

 

また、目標に向かって行動するときには、できるだけ多くフィードバックを得ることが大切だといいます。

なぜならフィードバックによって、向上しているのかはっきりするからです。

そのためには、他人からフィードバックを受けるか、自分自身で進捗状況をモニタリングする必要があるわけです。

現実的楽観主義者になる

目標に向かって努力をするとき、ポジティブに考えることはもちろん大切です。

しかし、目標達成を甘く考えてはいけないです。

目標が価値あるものであればあるほど、時間、計画、汗、辛抱が必要になるからです。事実、「望むことは簡単にできる」「ほしいものは簡単に手に入る」と考えると、失敗の確率が高まるという研究があるのだそうです。

そう考えたおかげで油断してしまい、必要な準備を怠ってしまうというのがその理由です。

 

感想レビューまとめ


本書、「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」を読んでみた感想としては「もっと早く読みたかった!」です(笑)

たった100ページちょいに関わらず、中に書いてある情報はとても価値があるとかんじました。

値段は1200円(税別)ですが、それに見合う...いや、それ以上価値だった!のではないかと思います。

私が本書で印象的に覚えている言葉があります。

それは『成功とは「正しい選択」「正しい戦略」「正しい行動」によってつかむものです。決して生まれつきのDNAで決まるものではありません』というものです。

 

心に響き、活力が湧きました。そのような活力がみなぎる言葉、そして科学的に正しい目標達成の方法が記載された本書は非常にオススメです!

他にも紹介したい素晴らしい部分はたくさんありますが、それは実際に本書を手に取っていただき体感してほしいです。

実践的な内容が凝縮されているので手っ取り早く技術を習得して何かやり切りたい人はオススメです。

本当に一冊買って手元にあって損はないと思います。まだ読んでないよー!って方がいたら是非読んでみてください!

 

今回の内容はここまで。

 

次回の更新をお楽しみに!

 

以上イマムでした。

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学【電子書籍】[ ハイディ・グラント・ハルバーソン ]

価格:1,037円
(2019/7/8 16:41時点)
感想(0件)

 

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学