イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめているので「図書館」です。

(保存版)本格的なキャッシュレスが始まったので、改めてまとめてみた!

みなさん、こんにちは!

 

イマムです。

 

10月1日から消費税が10%に上がりましたね。これに関しては様々な意見が飛び交っていますが、なってしまったものはしょうがないです。

消費税10%になったと同時に、キャッシュレスが本格導入されるようになりました。

これにより、現金主義の方々が一方的に損をすることに...

それはなぜか?ということを今回の記事で書いていきたいと思います!

キャッシュレスが現金よりも得をするのか?

 

それではいってみようー!

 

キャッシュレス還元方法&対象店舗

10月1日から「キャッシュレスポイント還元事業」がスタートしました。

期間としては、来年6月30日までとなっています。

有名なキャッシュレス決算といえば、LINE PayやPayPayなどですね。

また、大手通信会社が出しているauPayやdペイなどもキャッシュレス決済です。

また、SuicaICOCA、各種クレジットカードなども対象です。(関西に住んでいるのでICOCAが馴染み深いです)

上記の方法で決済をした場合、5%または2%が還元されます。

これの還元率は得です!

普通に考えてみればわかると思いますが、消費税が上がってないのと同じ!となるわけです。

次に、その概要をポイントを絞ってお伝えします。

まず、対象は「キャッシュレス還元マーク」のある中小店舗です!

キャッシュレスポイント還元に対応する店舗は、

  • 下に貼っている「キャッシュレス還元マーク」のある中小店
  • 大手チェーン傘下のフランチャイズ店舗(コンビニなど)
  • Amazon楽天などのECサイト上で展開する小規模EC

(ECサイトとは、自社の商品やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことです)

f:id:Imamu_library:20191001130448j:plain

キャッシュレス還元マーク

一方、大手スーパーなど大規模店舗での決済は対象外です。中小店舗がやっているのに、大手店舗がやらない...ここが不思議なところです(笑)

 

対象店舗はスマホアプリで検索できる!

還元率は中小店舗が5%大手チェーン傘下のフランチャイズ店舗が2%となっており、店頭のマークに還元率が記載されています。

なお、国(政府)は国民が対象店舗を検索できるスマートフォンアプリ(iOS / Android)を用意してます!

ポイント還元対象店舗検索アプリ

ポイント還元対象店舗検索アプリ

無料posted withアプリーチ

また、ブラウザからも対象店舗を地図で確認することができます。

以下リンク

 https://map.cashless.go.jp/search

なお、現時点では店舗の認定作業が追いついていません...

対象店舗は10月1日以降も順次増える見込みとなっています。

SuicaICOCAなどの交通系電子マネーは準備が必須!

各種クレジットカードやLINE Pay・PayPayなど、交通系以外のキャッシュレス決済手段の多くは、事前準備不要でポイント還元を受けられます

これは非常に楽です(笑)

しかし、注意が必要なものがあります。

SuicaICOCAなどの交通系電子マネーです。

これらの交通系電子マネーは各サイトにいきまして、手続きをしなくてはならないのです...

なお、今回のキャッシュレス・ポイント還元事業に参加する交通系ICは

の7種類です!

JR東海の「TOICA」やJR北海道の「Kitaka」、福岡市交通局の「はやかけん」は参加していないので注意を!

 

コンビニは即時2%割引で対応

還元率2%となるコンビニ4社です。

 

この4社での還元はイレギュラーとなり、各決済事業者のポイント還元ではなく「即時2%割引」で対応なのです!

このため、決済事業者からのポイント還元を待つ必要なくお得になります。


各種電子マネー、クレジットカード還元一覧!参考までに

最後に各種電子マネー、クレジットカード還元一覧表です。

各事業者ごとに還元上限や還元方法が異なるため注意が必要です!

参考までにどうぞ。

 

 engadget

engadget

engadget

※上記の図は全て経済産業省キャッシュレスポイント還元事業から引用しましたhttps://cashless.go.jp/

 

まとめ 

最後に一言でまとめますと、「キャッシュレスをしなければ損をしてしまう」ということです(笑)

現金で払ってしまってはポイント還元されなくて、現金派が一方的に損をしてしまうのです!

貰えるものは貰っておきましょうということです。

これを知ってるか知らないかだけで変わってくるので、是非とも頭に入れておいてください!

 

今回の記事はここまで。

 

次回の更新をお楽しみ!

 

以上、イマムでした。

 

参考元サイト

 経済産業省HP

https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/cashless/index.html

https://cashless.go.jp/