イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめているので「図書館」です。

アレを摂取するだけで簡単に食欲が抑えられる

 

みなさん、こんにちは!

 

イマムです。

 

今回は「ある食材を食べるだけで食欲を止めるための方法」について書いていきたいと思います!

 

それではいってみようー!

 サラダ, リーフ レタス, オリーブ, チーズ, 羊のチーズ, 食べる, ビタミン, 新鮮, 健康, 緑

なぜ食欲が止まらなくなるのか?

みなさんは、 たまに食欲がとまらなくなることはありますか?

ついついご飯やお菓子などを食べすぎてしまうときってありますよね(笑)

気づいたときには後悔…なんてこともありますよね。

そんなときどうすればいいのか?というのを書いていきます。

 

そもそも食欲が止まらないかといいますと…

タンパク質の量が足りていない可能性があります!

 

これはオックスフォード大学のシンプソン博士が2005年に提唱したプロテインレバレッジの仮説」からです。

 

食欲とタンパク質の摂取量は逆相関関係になっているというものです。

「逆相関関係」とは一方が増加すると他方が減少するということです。

なぜタンパク質なのか?

人間はそもそも生きていくために食事が必要です。これは当たり前です。

食べなければ死んでしまいます(笑)

では、人間は食べ始めてからいつ食欲は止まるのかをご存知でしょうか?

 

答えを先に述べますと、必要な量のタンパク質をとるまで!と言われています。

なので、どれだけカロリーをとろうが食欲はなくなることはないのです。

イカロリーな食事しようが意味がないのです。

 

少し私たちの祖先の話をしようと思います。

私たちの祖先は脂質や糖質を摂取するのは難しく大変貴重でした。

食事の中心は、狩猟によって得た獲物を食べていました。

すると必然的にタンパク質の量が多くなってきます。そのような生活が長年に渡って過ごしてきました。

なので、タンパク質を満たすことができれば食欲がなくなり、問題はありませんでした。

飢餓状態を少しでも緩和するように順応したのです。

現代人は摂取していない⁉

ここで現代に話を戻します。

現代では、タンパク質がほとんど入っていないジャンキーな食べ物やお菓子があふれています。そして、パンや米といった穀物を主食としてきてます。

こうなってくると昔と比べて、必然的にタンパク質の摂取量は減っています。

 

 

そして、現代人の多くはそればかり食べている傾向があります。

 

すると、どうでしょうか?

今まで機能していたプロテインレバレッジの機能がうまく機能していない現状がうまれます

 

体の本能的に食欲を増やしてタンパク質をもっと摂取するものの、実際には糖質や脂質ばかりをとることが起こってしまっているのです...

 

プロテインレバレッジについてはもう少し詳しく説明します。

このプロテインレバレッジについての研究は進んでいます。

2013年に、過去3作のデータから、タンパク質の摂取量と摂取カロリーの相関を調べた研究があります。

この研究では、「タンパク質の摂取量が増えれば増えるほど、総摂取カロリーは減る傾向にある」ことが確認されています。

これから言えることは、「タンパク質で食欲が満たされるというと、むやみに糖質や脂質に手を出す可能性も減る」と考えることができます!

 

まとめ

今回はのまとめです。

  • 食欲を抑えるにはタンパク質を摂取
  • 食欲はカロリーではなく、タンパク質の摂取で満たされる

  • 現代人はタンパク質の摂取量が少ない
  • タンパク質を取ると、摂取カロリーが減る
  • タンパク質を取るとむやみに糖質や脂質の摂取が減る

 

タンパク質を多く取るだけで、無駄な食欲の暴走を抑えらるというのは朗報ではないでしょうか?(笑)

私の場合、お昼にゆで卵やプロテインなどで余計な空腹を回避しています。

変に食べ過ぎても太ったり、体の炎症を引き起こすだけなので、適量を食べています。

案外、これができるものなのです(笑)

 

もしも、ダイエット最中でお菓子やジャンクフードなどの誘惑に負けそうになったら、タンパク質を取ってみてください!

 

今回の記事はここまで。

次回の更新をお楽しみに!

 

以上、イマムでした。

 

参考文献&オススメ

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)
 
最高のパフォーマンスを実現する超健康法

最高のパフォーマンスを実現する超健康法