イマムの図書館

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、まとめているので「図書館」です。

やっぱり、コーヒーは最強の飲み物では?

みなさん、こんにちは!

イマムです。

 

今回は「やっぱり、コーヒーは最強の飲み物では?」について述べていきます!

過去にもコーヒーに関する記事を書いたのですが、改めて書いていきたいと思います!

 

それではいってみようー!

 コーヒー, コーヒー豆, 香り, ロースト, 豆, エスプレッソ, カプチーノ, マグカップ, カフェイン

やはり、コーヒーは最強の飲み物

みなさんはコーヒーの効果についてみなさんはどれくらい知っていますか?

正確にいいますと、コーヒーの中に入っているカフェインです。

複数の研究でカフェインのメリットが確認されます。

  • 150~200㎎のカフェインを飲むと約30分で疲労感が緩和され、注意力の持続性が向上する
  • カフェインの集中力アップ効果は、ベースラインからから5%前後だと言われている

これを聞いてカフェインの量が想像しにくい方は、缶コーヒー1本分と理解してもらって大丈夫です。

また、集中力up効果が5%と聞いて、「たったそれだけで何が変わるの?」と思った方もいると思います。

 

しかし、この5%を侮ってはいけません!

 

詳しい説明は省きますが、ドイツの研究で8人のチェスプレイヤーを対象に行われたものがあります。

「そこで200㎎のカフェインを飲んだプレイヤーは、一様に集中力が上がり飲まなかったグループより勝率が6~8%もアップしたのです!この改善レベルを現実の試合に当てはめると、チェスの世界ランクが5000位から3000位に上がるのに匹敵するのです」


これを聞くとスゴイ!と感じることができると思います!

 

この最強の飲み物であるコーヒーですが、一歩間違えたら危険なものになってしまうので、お気をつけてください(笑)

きちんと理解したう上で飲めば、その効果を最大限までに上げることできます!

その気を付けることについていまから述べていきます!

カフェイン量400㎎以上は一度に摂取しない

一度にカフェイン量400㎎以上摂取してはいけないです。

分量としては、缶コーヒー2本以上と理解しておけば大丈夫です!

多くの研究では、カフェイン量300㎎から副作用が出てきており、

  • 不安感
  • 頭痛
  • 短期記憶の低下

などの症状が出たらしいです。

 

私も経験済みで一度に大量のカフェインを摂取をしてしまった日は、頭痛や吐き気、だるさなどが身体を襲いました(笑)

何事にも適量ということですね!

カフェインに脂肪分を入れて緩和できる

私たち人間は、生まれつきカフェインが得意ではない人がすくなからず存在しています。

少しのカフェインで覚醒してしまう…ということもあると思います。

 

そのような人は脂肪分と一緒に摂取することオススメです!

 

なぜ一緒に摂取するかといいますと、脂肪分はカフェインの吸収を穏やかにしてくれる作用があるからです。

なので、ゆっくりと行き渡っていくので、身体に優しいです。

コーヒーに混ぜるならクリームやミルクなどが定番です。

また、ヨーグルトやチーズなどを食べながら飲むのもオススメです!

起床後のコーヒーは危ない⁉

起床後にコーヒーを飲む人も多いのではないでしょうか?

私もその一人でした(笑)

しかし、その目覚めの一杯のカフェイン摂取はあまりよくないというのを知っていますか?

 

なぜかと言いますと、

人間の体は午前6時ぐらいからコルチゾールという覚醒ホルモンが分泌され、少しずつ目が覚めるようにできているのです!

 

天然のカフェイン?と言ってもいいと思います(笑)

そのような天然の機能があるにも関わらず、私たちはカフェインを摂取する。

すると、どうなるかわかりますか?

 

コルチゾールの覚醒作用とカフェインの覚醒作用が合わさり、副作用が起こってしまうのです。

覚醒作用がオーバーしてしまうのです。

 

オーバーしているので、身体の負担がヤバイことになってしまいます...

もし、朝にコーヒーを飲んで、頭痛や焦燥感などの体感があるなら今すぐコーヒーを飲むことをやめましょう!

 

コルチゾールは起床後90分上昇しますが、それ以降は下降していきます。

なので、カフェインを摂取するならそれ以降取りましょう!

そうしたら、コルチゾールを邪魔せずに、カフェインの効果を受けることができます。

コーヒーは筋トレとダイエットに効く

今までの内容は集中力に関しての効果でしたが、それ以外に効くものを紹介していきます。

それは筋トレとダイエットに効果あるということです!

また、コーヒーは抗酸化作用が高く、飲まない人よりも飲む人の方が健康になると言われます。

摂取量としては、体重1キログラムに対して6ミリグラム取ると筋トレの効果を上げてくれると言われてます。

50キログラムの方なら300gmのカフェインです。

 

しかも、この筋トレは下半身トレーニングが一番効果的と言われているのです!

(スクワットなどのトレーニング)

 

この分量のカフェインを、下半身の筋トレを始める30分前にとると効果が高まります。

テクニックとしては、

コーヒーを飲んでカフェインをとったら30分以内に下半身の筋肉を鍛えるです

 

効果としては

  • 血行がよくなる
  • 健康を維持
  • 頭の働きが活性化
  • 認知能力が高まっていきます

 

カフェインは、ほかにも効果があります。

その1つが、脂肪を燃焼しやすくしてくれることです!

カフェインは、「ダイエットにある程度効くのではないか」とされる物質の1つと言われています。

ダイエットをしているお友達がいたら教えてあげてください(笑)

まとめ

今回の記事のまとめです。

  • コーヒーは最強の飲み物
  • 飲み方次第で多くのメリット
  • 注意点が複数ある
  • カフェインは筋トレやダイエットに効く

今回の記事でコーヒーが改めて最強の飲み物だと理解できたでしょうか?

しかしながら、量やタイミングを知っていなければメリットが得られないどころか、逆にデメリットを引き出してします…

このようなことがないようにするために、1人でも多くの方に知ってほしいと願い、記事にしました。

過去にもコーヒーやカフェイン関係の記事を書いているお時間がある方は読んで見てください!

以下、過去記事リンク

www.imamu-libraryindex.work

www.imamu-libraryindex.work

みなさんの生活が健康的なることを願っています!

 

今回の記事はここまで。

次回の更新をお楽しみに!

 

以上、イマムでした。

 

参考文献&オススメ本

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

 
最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)
 
月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!