イマムのオプティマイザーな生活

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、そしてオプティマイザーな生活を目指しています!

新生活や引っ越しの前に断捨離をしよう!

みなさん、こんにちは!

イマムです。

 

片付けでコンパクトに生活し「移住環境」を思いのままに選択するです!

もう少しずつ春になり新生活を迎える方も多いのではないでしょうか?

その際に断捨離を行う方もいらっしゃると思います。

今回の記事はそのような方の参考になれば嬉しいです!

それではいってみようー!

研究室, 机, 本, テーブル, 家, 部屋

モノが少ない生活のメリット&デメリット

私のブログはモノは自分の生活や仕事が不自由ないような分量でいいと考えています。

それはなぜかと言いますと、断捨離やモノを少なく持っている場合、いくつかメリットを得ることができるのです!

 

今回の場合は移住環境に注目して書いていきます。

家にモノが多い場合ですが、家に圧迫感をもたらしてしまいます。

その圧迫感が、心のゆとりを奪ってしまい心豊かな生活ができなくなってしまいます...

また、都市部では家賃が高い割に部屋が狭いということは結構存在しています。

 

一方、モノが少ないと、狭い部屋でも快適に過ごすことができます。

気持ちよく快適に過ごすことができるようになります。

そして、高い家賃を払って広い家を借りなくても、安くて狭い部屋で、コンパクトな空間を出すことができ、満足して過ごすことができます。

 

狭い部屋でもよければ、便利な駅近や利便性が高い都市部の住宅コストが高い地域にも住めるようになります。

このようなメリットを得ることができるので、居住環境を選ぶ自由度が上がることができます。

 

これは人生的に見ても凄いメリットです。

住むところで年収が変わる

アメリカの都市経済学者、エンリコ・モレッティの研究によれば、

住むところがその人の年収に大きな影響を与えると言われているのです!

たった住む場所で生涯年収の差がでるとは侮ることができないですね笑

住む環境を変えることによって?

そして、住む環境を変えることで得られることはお金だけではありません!

より、自分の理想にあった人間関係や生活環境が手に入りやすくなるのです。

都市部に住みたいとは思わなくても、コンパクトに必要最低限だけで暮らしてるだけでも移住地を選びやすく、移動しやすいのは言うまでもありません。

 

例えば、服をハンガーラック1つ分にしておけば、引っ越しのときにはラックカバーごと移動してしまえば、それだけで終了です。

引っ越しの時に多くのダンボールを必要することもなくなり、スマートに簡単に移動することができます。

 

また、何か夢中になる趣味を持っている人、コレクター気質のある人でも、分野を1つに厳選しておけば、十分にコンパクトな生活といえます。

このように限定的にしてモノの量を減らすことで、引っ越しの際に掛かる費用と手間を最小限にできるのです。

片付けによってコンパクな暮らしを手に入れることは、どこに住むか、それによってどんな人生を選ぶか、という選択肢を大幅に増やしてくれます。

終わりに

今回の記事のポイントです!

  • 部屋を片付ければ、年収もアップすることもできる。
  • コンパクトに暮らすメリットは、移動手段の手間とコストを低くする。

今回の記事で新生活や引っ越しに対してやりがいや面白さを感じていただいたら幸いです! 

 

今回の記事はここまで!

次回の更新をお楽しみに

 

以上、イマムでした。

 

参考文献&オススメ本

本当に必要なことはすべて「ひとりの時間」が教えてくれる (ミニマムリッチシリーズ)

本当に必要なことはすべて「ひとりの時間」が教えてくれる (ミニマムリッチシリーズ)

 
人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則