イマムのオプティマイザーな生活

読書や経験で得た知識を元に記事を書いていきます。コンテンツとしてはライフスタイル中心です。日常生活に役に立てる情報を発信、そしてオプティマイザーな生活を目指しています!

そもそもオプティマイザーとは??

みなさん、こんにちは!

イマムです。

 

今回は「オプティマイザー」について詳しく書いていきたいと思います!

ようやくかよ!と言われそうです(笑)

それでも最後まで読んでください!

それではいってみよう-!

コンピュータ, ノートブック, ラップトップ, 作業, ビジネス, オフィス, インターネット, 技術

オプティマイザーとは

最近、「ビジネスを効率化したい」「もっと生産性を上げて稼げるようになりたい」という目的で、にわかに「オプティマイザー」を目指す人が増えているのを知っていますか?

ミニマリスト」ではなく、オプティマイザー」です。

↑(これが非常に重要です)

 

そもそもオプティマイザーとは?という疑問があるとは思います。

 

オプティマイザーの定義としては…

「より効率的な生活を目指して不要なもの・仕事・人間関係を整理し、人生に有益な時間を確保する人のことをあらわす」ことです!

 

捨てるとは言っても、減らしすぎずに“必要なものを最適化して暮らす”ことに重きを置いていて、持ちものをできるだけ減らし必要最小限のものだけで暮らす人をあらわす「ミニマリスト」とは少し異なります。

 

「どちらも、『片づけられないなら捨てればいい』ってコトでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、捨てる基準、整理するものが違います。

 

今回は、そもそもオプティマイザーどのような影響をもたらすのか?

オプティマイザーになるための効果的な方法(モノや考え方)とは?

 

この2点についてお伝えします。

生活からビジネスまで参考にご覧ください!

 

「結果を最適化する」ためのアクションを起こすのがオプティマイザー

「optimize」を和訳しますと「最適の状態にする」という意味です。

つまり「optimizer」とは、「最適な状態にする人」という意味です。

最適化するための一つの手段として、不要なものをごっそり捨てたり、整理をしたりします。

 このような思考法が流行り始めたきっかけが、メンタリストのDaiGoさんが放送したことだと言われています!

 

この不要なものを捨てるという方針は、先ほどお伝えしたミニマリストと同じです。

「断捨離」なんて言われたりもしますが、下記のメリットが得られます。

  • 不要なもののせいで探しにくかったものがすぐに見つかるようになり、無駄な時間を短縮できる
  • 不要なものに対して無意識的に向けられてしまう意識を本来向けるべきものに向けられるようになり、より良い選択や決断ができる
  • 不要なものがない衛生的な環境下に身を置くことで、菌などによる病気を防ぎ健康的な生活ができる

 ここで重要なことは、オプティマイザーは何でもかんでも捨てるのが良いというわけではないのです!

本当に自分にとって必要なものや自分を高めてくれるものは取っておくのです!

 

また、「所有するや増えることで価値が高まるモノ」は心ゆくまで増やします。

この“増えることで価値が高まるモノ”とは、大きく分けると以下の2つです。

  • 自分のメンタルに良い影響を与えてくれるもの
  • 自分の手間が減り時間が増えるもの

例えば、本を集めることが趣味で、「本が囲まれた空間にいるだけ、集中力が上がりモチベーションが上がる」という人もいるかと!

(私もそのうちの一人です笑)

そういう場合は本は捨てずに増やし続けることでどんどんメンタル状態が良くなります。

具体的には以下の通りです。

  • 人間関係にも良い影響が出る
  • ビジネス面でも結果が出やすくな
  • 給料が増えたり評価が上がったりする
  • 人生が楽しくなる
  • 仕事を頑張りたくなる

と、このような良い連鎖を生む可能性を高めるのです。

 

冒頭では、人間関係の整理も必要だと述べましたが、

「自分の交友関係の多さはひとつの魅力である」と考えている人は、断捨離しなくても大丈夫です。

スマホの電話帳データをやみくもに断捨離せず、どんどん社交的な活動をし、名刺交換や連絡先交換やれば大丈夫です!

 

「家事に時間を割くのをやめてそのぶん仕事をしたいor寝たい」という人は、

お掃除ロボなどの時短家事グッズが入手すべきものに該当です!

お金で手間を買うということです!

無駄な手間暇がなくなるので、自分の時間が増え、より密度の高い人生を歩めるようになります。

 

不要なものを手放しながら本当に必要なものを吟味し、それらは増やす。

 

とってもシンプルですが、これがオプティマイズ、最適な状態にするという行為であり、「極限までものを排除する」という方針であるミニマリストとの明確な違いです。

まとめ

今回の記事のまとめです!

不要なものを捨てるときの基準はミニマリストと似通っています。

しかし、最終判断は下記に該当するかどうかで行ってください。

  1. 自分のメンタルに良い影響を与えてくれるもの
  2. 自分の手間が減り時間が増えるもの

これらはむしろ増やしていくべきです。

やってみようと思った方、是非とも一緒にやっていきましょう!

 

今回の記事はここまで!

次回の更新をお楽しみに

 

以上、イマムでした。

 

参考文献&オススメ本

考文献&オススメ本

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則